「特別であること」「愛されること」に対する抵抗感。

摂理にいると、神さまとの愛の経緯を聞く機会がたくさんあります。

 

恵み深く、感動する時がある一方で、

聞くのが負担に思う時がありました。

素直に聞けない時がありました。

 

自分自身が愛の経緯を話すこともあります。

でも

どこか自信をもって話せませんでした。

証をしながら、心のどこかで引っかかるものがありました。

 

 

そして、この2つの感情の答えを得ました。

 

 

「特別であること」「愛されること」に対する抵抗感をもっていることに気づきました。

 

 

 

神さまが自分ひとりに働きかけてくださっていること や 自分一人を愛してくださっていること、

このことを申し訳なく思う心、「そうあってはいけない」という罪悪感をもっていることに気づきました。

誰かが愛されていることに対して、うらやましく思う心があったし、

自分が愛されていることを話すのは、自慢しているようでなんか嫌だと思う心もあったように思います。

 

自分が特別であったら、

自分が愛されたら、

他の人が特別ではなくなって、愛されない気がしていました。

 

神さまの愛は一人ひとりに注がれる、一対一の愛なのに。

 

わかったつもりでいたけど、わかっていなかったんだなーと思いました。

 

 

なんでこういう考えをもっているのかと考えたら、

人生を生きる中で

「みんなと同じでなければいけない。」

「はみでてはいけない。」

「自分を表してはいけない。」

という考えをたくさんしていたし、

そういう考えで教育されてきたからかなーと。

 

「出る杭は打たれる」という言葉もありますしね(´・ω・`)

 

個性が死ぬしかない考え方ですよね・・・。

 

自分の愛の道がある。

その道を一生懸命行きなさい。

個性の愛の勝利をしなさい。

〜2018年10月10日 水曜礼拝の御言葉「個性の愛の勝利」

 

「自分だけが特別に愛されていてよいのだ。

他の人も一対一で、特別に愛して、特別に大切にしてくださる神さまだから。

神さまの愛は、私を最高に大切にして、最高に愛してくださる愛だ。」

そう思いました。

 

全世界どこをみても同じ人が一人もいないように、

同じ愛はひとつもないのです。

 

わたしが捧げる愛も、わたしだけができるから、特別でいいのです。

自分の愛を思う存分、表せればいいのです。

 

 

そんなふうに思わせてくださる御言葉でした。

 

 

愛について正しく知らないといけないな。

まだまだ学ぶ必要がありそうです。

わたしだけの愛。特別なわたし。

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年の春から養護教諭として働いています。好きなことは、料理・お菓子づくり。スーパーの買い物。はじめての一人暮らしに日々奮闘中。岐阜人です。