とてもよく話される患者さんの話。

あたらしい患者さんが入院してきました。

自分で自由に動くことができる方です。

入院されている方は、

比較的ねたきりの方が多いので、

今回のような方は少ないです。

 

話し出すと止まらないそうで、

1度話しにつかまると、

永遠に病室から出てこられない・・・

といううわさがきかれました。(笑)

 

その方が、

「看護師さん、最初は優しいけど、時間が経つとだんだん冷たくなるんだよね。」

と話していたそうです(笑)

 

たしかに、いつも患者さんに付き添い

微笑んでいるイメージを抱いている方は

ショック?かもしれませんが、

わたしの働く病棟では、

1人で約10〜20人を受け持つため、

検温だけでも時間がすごくかかります。

もし1人に10分かけたなら、

20人で換算するとなんと、

200分!3時間以上!

いくら状態が安定していても、

やることがとてもとても多い…!

 

願うことなら、ゆっくりゆっくり

患者さんとかかわりたい、

しかし時間は刻々とすぎてゆく。

白衣の天使とか言いますけど、

正直なところ軍人のようだと思っている。

 

ええと、話しがそれてしまいましたが、

その患者さんの様子を聞きながら、

「神様のことを知ることができたなら…!」

と思いうずうずしました。

いつでも側にいてくださり、

対話してくださり、

肉体がないので返事は返って来ないけれど、

御言葉でお返事をくださる神様。

 

人間がくれる愛ってほんとに限界あります。

でも、わたしも悟り途中ですが、

神様のわたしたちに向かう愛は無限だから、

みんなが神様と繋がったらいいな。


ABOUTこの記事をかいた人

摂理のリハビリナース★日々の看護生活で感じた神様との経緯を綴っていきます。写真も好きで教会では広報担当♪