『通勤時間』

まるで好奇心にあふれた子供のよう。

バスの窓に鼻がくっつきそうになりながら、

あなたからのメッセージを探している。

ながれる空の雲をずーっと眺めてみたり、

すれ違う車のナンバーを追ってみたり。

一言でもみつけられたらすごく嬉しくて、

頬が思わずゆるんでしまうわたし。

たいせつな、あなたとわたしだけの時間。


ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら感じたこと、HSPな個性を生かすライフハック、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラスト。