定規の話。

わたしのはたらく病院は、紙のカルテを使っています。

体温と、脈拍を、赤と、青の色鉛筆をつかって、

表に、はかった値のところに点をつけます。

そうしたら昨日と今日の数字を、線で結びます。

まっすぐになるように、定規をつかいます。

 

それなのに、ついつい急いで引くから、

点と点の上に線が書かれてしまったり、

定規をつかっているのに線がゆがみます。

まっすぐな線を引く道具をこの手にもっているのに。

 

そういったことを繰り返しながら、

 

神さまはいつも正しいことをおっしゃるけれど、

聞いたわたしがその使い方をまちがったら、

正しく生きられるはずなのに、

楽しくしあわせに生きられるはずなのに、

愛をめいいっぱい受けてるはずなのに、

なんだか結局しっぱいだなあと思いました。

 

とにもかくにもわたしと愛をしたいと思って

罪にまみれていたわたしの手を取り、洗って、

この歴史によんでくださった神さま。

神さまと話しつつ、

願われることをしていきたいなと思いました。

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

摂理のリハビリナース★日々の看護生活で感じた神様との経緯を綴っていきます。写真も好きで教会では広報担当♪