お久しぶりです!Shineです^ ^

 

今日は、「神様の絶対に裏切らない愛」について書いていきたいと思います。

私は、摂理に来る前、

「本当の愛って何だろう?裏切らない愛、本当に私のことを心から愛してくれる人ってないのかな?」と思っていました。

 

 

というのも、摂理に来る前に付き合っていた人がいたのですが、

付き合ってから、たったの3週間で浮気され、他の人に乗り換えられた経験があるんです。

 

 

当時、私は3週間の留学を控えていたのですが、

それでもいいから付き合ってほしいと言われ、私も相手の人に好感を持っていたので、留学する前に付き合うようになりました。

 

 

私が留学するまでは、毎日電話をしたり、頻繁に会ったりもしていて、

相手も私のことを好きでいてくれて、私も相手のことが好きで、私は本当に幸せだと思っていました。

 

 

 

そんな中で、私が3週間留学することになりました。

すると、向こうで私の携帯電話が故障してしまい、3週間、全く連絡が取れない状況になりました。

海外なので、向こうで毎日電話するとお金が高くついてしまうこともあり、

1回だけ相手に電話をして今の状況を伝え、「相手も頑張っているから、私もこの3週間頑張ろう!」と思い、

実際に会ったり、電話したりすることはできないけれど、いつも相手のことを考えながら、勉強を頑張っていました。

 

 

留学を終えて日本に帰ってきて、相手に会ってみると、

態度がそっけなく、全然私の方を見てくれなかったし、話もうわの空で聞いていました。

「絶対に何かがおかしい・・・」と感じましたが、本当に相手のことを信じていたし、まさか浮気されているなんて、これっぽっちも考えていませんでした。

 

 

 

「全然電話できなかった私が悪かったのかな・・・でも、本当に最善を尽くして携帯も直せるように色んな人に聞いて回ったけど、本当に直らなかったんだけどな・・・それに、相手も頑張っていると思って、いつも考えから離さずに最善を尽くしていたんだけどな・・私の自己満足だったのかな・・・どうしたらよかったんだろう・・・むしろ、留学に行かなかった方が良かったのかな・・・」と、ひたすら自分を責め続けました。

本当に相手のことが好きだったから、たとえ離れていたとしても、相手のことを考えて、頑張っていました。

 

 

結局、そっけなくなった理由を聞いても全然答えてくれず、しまいには連絡も全然返ってこなくなり、どうしていいかわからない状況になりました。会ってもくれなくなったので、電話できなかったことなど思い当たることは全部、正直にライン上で謝りました。

 

 

それでも、変わらなかったから、「もう難しいんだな」と思って、私はまだ好きだったけれど、別れようと連絡をしました。

そっけなくなってから、数ヶ月は経っていたと思います・・・

その直後、相手のラインのアイコンが、隣が女性と思われる写真に変わり、その時に初めて、

相手がすでに浮気をしていて、私が別れを切り出すのを、ずっと待っていたことが分かりました。

 

 

 

本当に心が引き裂かれる思いで、完全に力が抜けてしまい、半年ほど引きずり、泣き続けました。

たった3週間会えないだけで、他の人に目がくらむほど、脆い愛だったのかと思ったし、

付き合っていた時も、短期留学の後、長期留学に行きたいことを伝えると、私の夢を応援してくれるどころか、

「ずっと隣にいてほしい、行かないで欲しい」と言われ、いつも一緒にいることが本当の愛なのだろうか・・本当に相手のことを思うなら、相手が願うことを応援してあげるものなんじゃないのかな・・・私の考え方がおかしいのかな・・?など

 

 

この経験を通して、「本当の愛」について、ものすごくたくさん考えるようになりました。

 

 

今は、鄭明析(チョンミョンソク)先生の御言葉を通して、神様に出会い、「本当の愛」が分かるようになりました。

 

神様は、

誰よりも私1人を愛して下さり、私がどんなに良くないところがあったとしても、御言葉で直せるように働きかけて下さるし、

神様ご自身のことよりも、いつも私のことを最優先に考えて、1番いいものを与えて下さるし、応援して下さるし、時には厳しく叱って絶対に道をそれないように守って下さるし、危険な時はいつも前もって教えて下さり、絶対に被害に遭わないように助けて下さいます。何かに困っている時は、人を通して助けて下さる時もあります。

 

世の中の愛は、自分の都合や気分、感情によって態度が変わって裏切ったりしますが、

神様は、何があっても絶対に私を裏切ったり、捨てたりはしません。

 

<異性の愛>だけが愛をやりとりするのではない。「ほかの愛」がある。

<神様の愛>は「神(しん)的愛」だ。その中に「すべてのもの」が入っている。

<男女の異性の愛>でだけ愛するのではない。

 

異性の愛はいくら愛しても肉が死んだら終わり、三位と主の愛は肉で生きながらも享受し、霊ででも永遠に続く。

ー20170829 明け方の箴言より

 

 

 

私は、鄭明析(チョンミョンソク)先生を通して、神様の御言葉に出会えたことが、本当に幸せです。

だから、私は、もっと御言葉を学んで、真実に神様だけを愛して生きていきます。 Shine