『救い主』ってなんだろうかという話。

人生ではじめてバイブルスタディーの

講義を教会のメンバーに聞いてもらいました。

いざ伝えるとなるとほんとに難しかったです。

でもなぜかうれしくて楽しいのは、

きっとわたしの霊が喜んでいるのだな・・・

 

先生が聖書を2000回読んで解いた貴重な御言葉。

内容は値段がつけられないほど素晴らしい。

でも伝える人がうまく説明できないと、

その真の価値が伝わらないこともあるのだとか。

わたしは人に何かを説明したりすることは

ぜーんぜん得意ではないのです。

でもわたしの人生が180度変わった御言葉を、

自分も人に伝えられるようになりたい・・・

それで今回、よし、いっちょやってみようと。

言葉より実践だー

 

聞いてもらってから意見ももらえたのですが、

『救い』についてのたとえ話が

衝撃的だったのでシェアしたくて。

 

 

深い落とし穴に落ちちゃってる人を想像します。

その人はあなたです。そこから出たいのです。

 

わたしたちは生きる中で出てきた悩みを

近くの友達とかに相談するじゃないですか?

はなしを聞いてもらって、

その人から答えをもらったりして、

いったん解決されるように思う。

けどまた同じような悩みにぶつかりませんか?

 

それはなぜか?

 

 

その相手も落とし穴に落ちている人だからです。

だから助けてくれたように見えても、

おたがい落ちてるから穴からは出られません。

でも『救い主』は唯一、

落とし穴に落ちていない人です。

穴の外にいる人であってこそ、

落ちてる人を引っぱりあげられるでしょう?

 

なーるーほーどー。

さっそく次につかってみようっと。


ABOUTこの記事をかいた人

摂理のリハビリナース★日々の看護生活で感じた神様との経緯を綴っていきます。写真も好きで教会では広報担当♪