私が摂理に導かれる前

 

 

 

 

 

ロードバイクが趣味の父と、
一緒にやりたくて買ったものの、
玄関の置物になっていました。笑
運動しなさいと御言葉でもおっしゃるので、
今日は神様とデートの日にしよう!
と思って休日に約40kmを走ってみました。

往復で4時間もかかりました…

摂理のロードバイク乗りが居ても面白いなあ。
カメラをリュックに詰めて途中で写真を撮る。
おしゃれなカフェをみつけたら入ってみるとか。
神様とお話ししながらの外出は楽しい。

 

 

摂理に来るまでのわたしはというと、
看護師の仕事を始めたけれど、
仕事と休日を繰り返す生活。
休日に予定があまりなかったので、
これから何十年と続いていく人生に、
絶望を感じていました

休日は家にこもり、
継続できる趣味ももっておらず。
しかも自尊心がものすごく低い。
たとえば電車に乗った時に他の乗客が怖くて、
(実際誰も私のことは見ていないとは思う)
座席が空いていても座れないような。

外出しようと考えるけど、
だんだんと他人の目が気になってきて、
結局出られないこともありました。
家事をして散歩をして外に出られたら、
近くの温泉とショッピングモールに。
老後の生活かい!
と突っ込みたくなる過ごし方でした。

世界がすごく狭いのに広げようともせず、
ただただ自分に自信がなくて。
自分の価値が分からなかったし、
母親からも愛されている感覚がなかった。
人の目が気になって、
何か言われるだけで深く傷ついて、
落ち込んで本当に死にたいと思っていました。
自分は普通の人間ではなく失敗作の人間だと。
本気で、考えていました。

 

考えの病気でした。

 

体を傷つけなかっただけで、
心を何度も自分で刺して、
ぐちゃぐちゃに傷つけてきました。
カウンセリングに通おうとしましたが、
行こうとすると調子が戻って、
不思議と行く機会を逃しました。

自分はとても弱いと思っていたし、
居なくてもいい存在だと確信していた。
自分の価値が分からないから、
自分に投資しようとも全く思えなかった。

こんなこと書くと、
「やっぱり宗教って弱い人のものなんだ。」
って思われるのかもしれない。

でも何にも持っていないわたしは唯一、
お金や物質や人からの愛では補えない、
とてつもない虚しさを持っていました。
ぐちゃぐちゃになった心の片隅で、
自分の価値はこんなものではないはず、
とも思っていました。

自殺したいくらい限界だった時、
友人を通して聖書のを勧めてもらいました。
自己啓発本を何冊読んでも変わらない私が、
唯一触ったことがなかった本。
もうこれしかない。
という藁にも縋る思いでした。

「信じなさい!さすれば救われるであろう!」

とか、強引で盲目的に信じさせたりとか、
ツボを買わされるようなものでは全くなく、
ふつーにつじつまが合うような、
ああ、それなら今でもありうることだな、
とちゃんと納得できるすっきりとした内容で。
むしろ、なるほど!と思うことの連続。

御言葉ではいつも、
「やってみて自分で確認しなさい」とか
「悟れるように祈ってみなさい」と言われます。

御言葉を聞いたら、
生活の中で出来そうなことに当てはめて、
実際に自分がやってみることで、
結果的に自分の考えや行動に変化が現れる。
なんらファンタジーな世界ではなかった。
むしろものすごく普通なんじゃないか?

逆に御言葉を聞いても、
なにもやらなければ変化しない。

普通だ。

おいしい食べ物も、
実際に食べてこそ味を感じられる。

御言葉を学ぶことで、
少しずつ自分が回復しています。
自虐的な考えが少し改善されるだけでも、
ほんとうに生きやすいなあと思います。

やってみたいことがたくさん。
直したい自分の考えがまだたくさん。

看護師としても、
患者さんのお役に立てるよう成長したい。


ABOUTこの記事をかいた人

HSPな個性を生かすライフハック、看護師をしながら感じたこと、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラストも。