「神様に選ばれたから貴重だ」~特別な日、貴重な私。by Stella

2月21日~22日はStellaにとって特別な日でした。

 

2年前の2月21日、私は生きる希望が見いだせず遺書を書いて車で家を飛び出し

自殺を試みましたが、死ぬことができず(今思えば神様が止めてくださいました)。

 

でも、家に帰ることもできなくて、車内で一夜を過ごし

次の日、2月22日に両親に発見されて家に連れて帰ってもらいました。

 

私にとっても、両親にとっても、この日は地獄のような辛い日になるしかありませんでしたが、

摂理に合い、チョン・ミョンソク先生の御言葉を聞いた今では

神様に出会うために絶対に必要だった、本当に大切で特別な日になりました。

 

人間の目で見たら、絶望のような日も、

神様の目で見たら、最高に幸せな人生を送るためのはじまりの日でした。

 

人間の目で見たら、生きる価値がなく捨てられるしかなかった私も、

神様の目で見たら、「貴重」で、もう一度探そうとしたら「二度とない貴重な作品の人」でした。

 

自分で自分を捨てたいほどに自分が嫌いで、

誰にも認められなくて愛されていない、

捨てられたと思っているあなた。

 

私たちが考える自分と、神様がご覧になった時の自分は全く違います。

 

あなたも「神様が選んだから貴重な」人です。

あなたが生きて、呼吸をしているだけで貴重な人です。

 

神様に尋ねてみてください^^

 

 

「わたしは神様から見てどんな存在ですか?」

 

「わたしは神様から見た時どれほど貴重ですか?」

 

 

 

必ず答えてくださいます。

 

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

今年の春から養護教諭として働いています。好きなことは、料理・お菓子づくり。スーパーの買い物。はじめての一人暮らしに日々奮闘中。岐阜人です。