散歩しておじいちゃん家でほっこりした話。

ときどきおよばれして、おじいちゃんおばあちゃんのお家へゆきます。

30分の道を写真を撮りながら てくてくお散歩。坂道が多かった。

いつも食べきれないほどごちそうを用意してくれるおじいちゃん。

おばあちゃんの心の調子が悪くなって何年かたつけれど、

家事をほぼすべてこなしながらおばあちゃんを支えています。

父の実家なのですが、父もおばあちゃんに消しゴムはんこの

お手伝いをお願いしたりして、しぶしぶやってくれるそう。(笑)

以前のようなおばあちゃんには戻らないけど、穏やかに暮らしています。

かみさま、わたしと家族をいつも見守ってくださって感謝します。


ABOUTこの記事をかいた人

摂理のリハビリナース★日々の看護生活で感じた神様との経緯を綴っていきます。写真も好きで教会では広報担当♪