わたしの祖父母

ときどきおよばれして、

おじいちゃんおばあちゃんのお家へ。

30分の道を写真を撮りながらお散歩。

坂道が多かった。

いつも食べきれないほどの

ごちそうを用意してくれるおじいちゃん。

おばあちゃんの心の調子が悪くなって

何年か経つんだけれど、

家事をすべてこなしながら、

おばあちゃんを支えています。

父の実家なのですが、

父もおばあちゃんに消しゴムはんこの

お手伝いをお願いしたりして、

しぶしぶやってくれるそう。

 

以前のようには戻らないけど、

穏やかに暮らしています。

わたしの家族を見守ってくださって感謝します。


ABOUTこの記事をかいた人

HSPな個性を生かすライフハック、看護師をしながら感じたこと、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラストも。