STOP自殺~苦痛も悲しみも背負ってくださる神様

最近こんな広告をよく見かけます。

 
%e4%b8%8d%e6%98%8e
 
 
私自身、生きる希望が見つからなくて自殺を試みた過去がある人なので(こちらの記事参照)
他人事とは思えなくて、つい見入ってしまいました。
 
 
以前大学で【日本の死亡率、死亡原因】について学んだのですが
若い世代の死亡原因の1位は
 
「自殺」です。
 
 
 
 
本当に衝撃的です。
 
 
 
 
でも、そうなる理由もわかります。
 
 
死にたくなるくらい悩んでる時って
本当に誰にも言えないです。
もし誰かに言えるなら、「死のう」なんて思わないです。
私は誰にも言えませんでした。
 
 
若い時は、本当にいろいろ悩みます。
自分の気持ちを上手く表現できません。
自分が何を考えているのかもよくわかりません。
若くてもそうでなくても、
私たちはその時その時に、大きなことも小さなことも悩んで苦しんで生きていくんだと思います。
 
 
私が摂理のみことばを聞き始めて、大きく変わったことの一つは、
「辛い時に辛いと言えるようになったこと」
だと思います。
 
 
人には言えなくても、神様には言えることが本当にたくさんあります。
 
 
 
「私は今とても辛いです。」
 
「もう何もかもしたくありません」
 
「こんなことで悩んでます。どうしたらいいですか?」
 
「どうしたらこの苦しさから抜け出せますか?」
 
 
こんな感じで神様に伝えます。
 
 
時には泣きながら。
時には八つ当たりのように。 
(←あまりよくないですけどね 笑)
 
 
伝えてみると、不思議と心が落ち着いてきます。
心が軽くなっていくのを感じます。
 
 
神様はこのようにおっしゃいました。
 
 
 
祈れば、あなたが告白したこと、あなたの悩み、 あなたの問題を三位が持っていくから、解かれる。 
あなたが背負っていた心の荷を 三位が持っていくから、あなたは解かれる。 
問題がすぐに解決されなくても、 
あなたの心が解かれ、
気分が晴れる。 
 
三位があなたの荷を共に減らしてくれるから、 あなたははるかに軽くなるのだ。 
 
だから三位に祈り、三位に委ねなさい。
 
 2016年5月7日 啓示の御言葉
 
 
 
私にみことばを教えてくださったチョン・ミョンソク先生も、
自殺を試みたことが何度かあったそうです。
自暴自棄のあまり死を決意した時に、
神様の声が聞こえてきたと教えてくださいました。
 
 
「死なないで。
そういうことがあればあるほど、
もっと生きなければならないのだ」
 
「あなたのそのような難しさや苦痛や苦難をあなた一人だけで背負おうとしないで、
すべて私に委ねて私だけについてきなさい。」
 
 
 
今死ぬほど悩んで苦しんでいる人がいるなら、
疲れて倒れている人がいるなら、
 
神様を呼んで、
胸の内を話してみてください。
正直に、すべて。
 
 
神様が必ず答えてくださいます。
あなたの心の叫びを聞いてくださいます。
苦痛も悲しみもすべて背負ってくださいます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

2018年春から神様がくださった夢である養護教諭として働いています。好きなものはお菓子作り。 社会人になってもやっぱりミコトバと一緒に、神様と一緒に生きてゆくのです。素敵な社会人になろうと日々成長・変化を目指しております(`・ω・´)!