脱!弱い自分、脱!人の言動に振り回される自分

突然ですが!

私は周りの人のことがとても気になる性格です。

人の言葉が気になるし、
人の表情が気になるし、
人の醸し出す雰囲気が気になります。

 

「ああこの人苛立ってるなぁ〜」
「大変そうだな」
「嬉しそうでよかった」
とかいろいろと考えます。

 

これは私の長所でもあり、
短所でもあると思っています。

よく言えば「気遣いができる」
悪く言えば「自分がない、軸がない」
って感じでしょうか( ´・ω・)

 

この間、大学の授業で心因性症状について学んだのですが、
先生がこんな話をしてくれました。

 

周りの人が気になる人、たくさんいますよね。
気遣いができる人かもしれません。
優しい人だと言えるかもしれません。
でも「気遣い」とは何でしょうか?
「自分がどう思われるか」が不安で心配で自分のことばかりを考えている人は「気遣いができる」とは言えないのではないでしょうか。

 

「うむ、確かに」と思いました。
「うおー私のことだ」と思いました。

 

自分について深く考えるようになって、

「ああ、私は気遣いができる人ではあると思うけど、
『自分がどう思われるか』を心配している時は気遣いができているのではなくて、ただ自己中なだけなんだな」

と悟りました。

そして

「果たして誰かに嫌われたり、怒られたりすることは、そんなに悪いことなんだろうか?」

と考えてみました。

すると、神様が

 

「あなたが周りの人から嫌われたり、
避けられたり、
何か悪く言われたりしても
あなたの価値は変わらない。
私は変わらずあなたを愛している。」

 

とおっしゃってくださっている感じがしました。

 

私の価値は周りの人が決めるのではなく、
ただ神様だけがわかってくださるものなのだ!
と悟られて、

「ああ私はなんて無駄なことをしていたんだ!」
と思いました。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

と悟ったものの…
この性格で25年以上生きてきたので、そうそう簡単には捨てられないのが現実…(笑)

 

今日も、ある人のちょっとした言葉に傷ついて、
もやもやしておりました。

 

「主よ〜〜傷つきました〜
弱い私は嫌です~(´;ω;`)」

と言っていた時に、ある御言葉を思い出しました。

強くても弱くても最後まで行きなさい。

2016年10月20日 摂理の主日の御言葉

アーメン!そうですよね!
弱くても最後まで行きます!
と決心したら、また御言葉が思い出されました。

 

<主>を正しく知りなさい。
畏れおののいて仕えなさい。
<主>を正しく知らなければ、幼子程度の力しかない。
一人ででも絶対信仰を持ち、
もし疎外感を感じることを言われても
倒れることなく行かなければならない。

絶対に「不屈の信仰」だ。

2016年10月20日 摂理の明け方の箴言

「本当にそうですよね!アーメンアーメン!」

と、

この御言葉を繰り返し自分に言い聞かせていたら、
モヤモヤした心がスッとなくなって、代わりに力と喜びが湧き上がってきました。

 

本当に不思議な感覚でした。

いつもの私なら寝る時まで、いや、明日以降も何度も思い出しながら、ずーーっと根に持っていたと思います(笑)

 

 

私が弱くても、強い神様が共にされるから大丈夫。
強い神様の精神であるミコトバを自分のものにして、Stella、生まれ変わります…!

 

脱!弱い自分!
脱!人の言動に振り回される自分!

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弱い自分なんてぽーいっ!


ABOUTこの記事をかいた人

2018年春から神様がくださった夢である養護教諭として働いています。好きなものはお菓子作り。 社会人になってもやっぱりミコトバと一緒に、神様と一緒に生きてゆくのです。素敵な社会人になろうと日々成長・変化を目指しております(`・ω・´)!