私の父は家庭菜園が趣味で、いろいろな野菜を育てています(*^^*)

 
休日の夕方「水やりするけどやる?」と誘われ、
小さい頃の水やりの記憶がよみがえりやってみたい気持ちになり
「やる!!」と元気に答え、手伝うことにしました。
 
5分くらいで終わるだろうな〜と思い、好奇心でやると言ったのですが
実際やりはじめたら、これが大変…!
 
もともと田んぼだったところを畑として使っているので、結構な敷地面積なんですね(;´・ω・)
ホースをひっぱってきて、すでに植えてある部分を踏まないように配慮したり、
あげる水の量もよくわからないため父の指示を仰いだり…
 
結局30分以上かけて野菜たちに水をやりました。
 
 
やり終わった時に父が
 
「雨が降ったら一瞬なんやけどな」
 
と一言。
 
 
そこでハッとしました。
 
「なるほど!
人間がやることと神様がやることはこんなにも違うのか!
私がいろいろ考えて大変な思いをして時間もものすごくかけて、水をやるのは人間の方法、
雨を降らせて一瞬にして野菜たちに水をやるのが神様の方法なのか!」
 
と。
 
聖書にこんな聖句があります。
 
「天が地よりも高いように、わが道は、あなたがたの道よりも高く、わが思いは、あなたがたの思いよりも高い。」
‭‭イザヤ書‬ ‭55:9‬
 
いやはや、本当にアーメンです。
神様のやり方が最高です。
楽です。
時間もかかりません。
 
 
チョン・ミョンソク先生もこのようにおっしゃいます。
 
世の中は海だ。
船はあなたの人生だ。
自分だけで生きたら、櫓を漕いでいくようなものだ。
波にのまれて大変ではないか。
帆を立ててこそ、大変な思いをせずに生きられる。
「神様の御言葉」は人間の限界を超えさせる人生の帆だ。
神様はおっしゃる、
「あなたという帆に私という帆をつければ、荒い人生の波も大丈夫だ。
 帆を掲げなさい。」
 
かっちょいーーーー!!!♡
と思うのは私だけでしょうか?笑
 
 
自分の方法で、人間の考えで生きていくのは、櫓を漕いでゆくようなもの。
神様の方法、神様の考えはとても高く楽に行けるから、帆をつけて追い風をうけて、すいすい〜と航海するようなもの。
 
 
今回水やりをしてみて
どんなに頑張って考えても、
どんなに試行錯誤してみても、
人間の方法では神様の方法に到底及ばないことがハッキリとわかりました。
 
だから、私たちは「神様の方法」を教えてくださる《みことば》を学んで、
その方法通りにやって生きることが最高に幸せなんですね(*’ω’*)
 やはり《みことば》は私たち人間を幸せにしてくれる神様からのプレゼントです。
 
神様の偉大さを感じるとともに、
「自分の方法」という櫓を捨てて、
「神様の方法」である《みことば》の帆をつけて、
もっと楽に幸せに生きる人生にしていきたいと思った時間になりました。
 
 
そして毎週、毎日、地道に水をやり続ける野菜に対する父の愛の大きさに脱帽(笑)
 
rain